<< 便利だよ♪ | main | はぴば。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |- | - | -
    つ、ついに!!
    0

      いやはやお久しぶりの更新です。
      ブログをほったらかしにしてる間、何をしていたかというとお勉強です。
      毎年恒例の宅建です。


      不動産関係の会社に就職してかれこれ10年。
      入社当初から、会社からは「宅建は必須ですー取りなさいー」と言われ続けてましたが
      私がその気になったのはヤマトを産んで職場復帰した平成17年。
      そこそこのお値段の通信講座を申し込んだものの
      仕事と家事と育児、それに勉強の4本立てがやっぱり無理で、
      満足に勉強できなくて、試験当日ヤマトの発熱を理由(いいわけ)に会場に行かなかった。
      それから平成18年、19年、20年と申込はしたけど
      やっぱり勉強できなくて空っぽの状態でとりあえず会場に足を運び、
      宅建は4択のマークシートなのでわからないなりにも「ミラクルおきないかなー」なんて
      思ったけどそんな甘いものではなく…撃沈(あたりまえ)。
      たいして勉強してない4年間だったけど、「勉強しなくちゃ」という思いだけでも
      結構なストレスなので、去年は妊婦ということで身体を最優先にしようと受験を見送り。

      そして今年、育児休暇中ということで仕事がないわけで
      家事と育児と勉強、3本立てでいける!大チャンス!!
      そもそもいつまで育児休暇を取るか・・・ってことになった時に、
      収入の事とか考えるともう少し早く復帰してもいい気持ちはあったんだけど
      宅建のために10月まで休むことにしたくらい、今年は頑張ろうと決めてました。
      職場復帰は11月だけど、まおはちょっと早めの9月から保育園に入れることにして
      環境は万全!…かと思いきやまさかのゆっくり慣らし保育で9月中は
      お昼までしか預かってもらえず…。
      そんなこんなでへこたれそうになりつつも、なんとかなんとか頑張りました。

      勉強時間の確保のためにお休みの日にはみっちゃんが子供たちを遊びに
      連れ出してくれたり、
      お義母さんがヤマトのお迎えに何日も行ってくれたり、
      (何せまおがお昼に帰されるので一日保育園まで3往復もしてたので…)
      試験前の1週間はヤマトのお誕生日をお祝いに新潟から来てくれたお実母さんが
      そのまま京都に滞在してくれて、家事を手伝ってくれたり、
      ご近所ママがヤマトをお家やお外で一緒に遊ばせてくれたり。
      本当に周りの人にも助けてもらって…

      そんなこんなで今日行ってきました!
      宅建試験!

      最初の方、緊張しすぎて問題文が全然頭に入らなかったけど
      「落ち着け落ち着け」と自分に言いきかせて何とか2時間精一杯頑張りました。
      自信がない問題もいっぱいあって解答速報見るまでなかなか落ち着けなかったけど
      自己採点の結果・・・

      41点!!

      予想合格ラインが35点+-1点くらいなので、安全圏です(*´∀`*)!
      ああーホッとしたーー!!
      バンザーイ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
      悩んだところが結構裏目裏目にでたのが悔やまれるけど
      合格さえすればそれでいいのです!!
      あとはマークミスさえなければ・・・!
      正式な合格発表は12月1日。
      それまでは本当に安心はできないけど、でもでも良かったー!!

      ネットしだしたら平気で2、3時間過ぎちゃうわたしなので、
      勉強中はブログもログピもmixiもなるべく遠ざけていたんですが、
      今日で解禁!!
      またぼちぼち始めていきます。よろしくお願いします(*´∀`)ウヒ

      いやしかしそんなこんなで気づけばあと2週間で職場復帰・・・。
      また更新しなくなったりして(*´д`)テヘ

      |おしごと。 | comments(0) | trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      0
        |- | - | -









        http://smilesakulove.jugem.jp/trackback/124
        君のあくびが
        僕にうつるように
        この笑顔もつながると思うんだ

        ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

        えりきちの浮いたり沈んだりの日常と
        子供たちの成長を気まぐれに綴ってます。